ARK: Survival Evolved

Dilophosaur

概要 ディロフォサウルスは体長6m(高さ2m)ほどの中型肉食恐竜です。頭上にある二つ(一対)のとさかが特徴的で、求愛や威嚇につかっていたとされています。主に腐肉や小型の恐竜を食べていたと考えられており、顎の力が弱かったため捕食時は前足につ...
ARK: Survival Evolved

Compsognathus(Compy)

概要 コンプソグナトゥスは体長1mほどの小さな肉食恐竜で、一時期は世界最小の恐竜とされていました。足の構造から足が速く、また視野も広かったため優れた捕食能力を持っていたと考えられています。 ゲーム内ではステータスは弱いものの集団で襲...
ARK: Survival Evolved

Carnotaurus

概要 カルノタウルスは全長9メートルの大型肉食恐竜で目の上にある角が特徴的です。カルノタウルスは頭蓋骨が小さく顎の力が弱かったと考えられており、これを補うために角を使用したのではないかとされています。 ゲーム内では本来より少し小さい見た...
ARK: Survival Evolved

Beelzebufo

概要 ベールゼブフォはマダガスカルに生息していたとされる全長40cmの大型カエルです。強力な顎と鋭い歯を持っていたとされ、虫以外にも小型の動物や恐竜の幼体を食べていたのではないかと考えられています。 ゲーム内では主にセメントの採取に使い...
ARK: Survival Evolved

Arthropluera

概要 アースロプレウラ(ゲーム内のplueraは誤表記)はムカデなどと同じ節足動物で、植物を食べていたとされ体長は最大で3メートル近くにもなったといわれています。 ゲーム内でも同様に同じ系統の生物に比べ非常に大きく作られており人間を大幅...
ARK: Survival Evolved

Lystrosaurus

概要 リストロサウルスは氾濫原に生息していたとされる四足歩行の草食動物で、体長1mほどの小さな体でありながら数百万年にわたり環境に適応し続けていたとされています。ゲーム内ではディメトロドンと同じ位の大きさで臆病な性格をしています。かなり生...
ARK: Survival Evolved

Woolly Rhino

概要 Woolly Rhino(ウーリーライノゥ)は日本でケブカサイ(毛サイ)と呼ばれる毛で覆われたサイで、非常に大きな角が特徴的です。死体からはBroth of Enlightenmentの素材であるWoolly Rhino Hornが...
ARK: Survival Evolved

Direbear

概要 ダイアベアはArctodusに属する熊で、通常の熊より顔が短い特徴があります。ゲーム内での大きさはPhiomiaと同じぐらいで、性格は攻撃的ではあるものの、近づきすぎなければ敵対しません。 また、雑食なので果物と肉どちらも食べるこ...
ARK: Survival Evolved

Castoroides(Giant Beaver)

概要 カストロイデスは熊と同じ位の大きさがあると言われていた巨大なビーバーで、大きな前歯と長いしっぽが特徴的です。ゲーム内では熊よりは小さいものの狼と同じぐらいの大きさで、特殊な能力を多く持っているので非常に優秀な生物です。 温厚な性格...