草食

ARK: Survival Evolved

Therizinosaurus

概要 テリジノサウルスは全長10m、体高6mほどの大型草食恐竜で、65~100cm程にもなる大きな爪が特徴的です。爪の用途は住処を襲う相手を牽制したり攻撃するため、または植物を刈り取るためなど確定的な証拠が無いため様々な推測がされています...
ARK: Survival Evolved

Moschops

概要 モスコプスは全長2.7~4mの草食動物で、身体に比べ頭部が大きい特徴があります。また頭蓋骨の上部の厚さは10cmにもなり、この厚さは現在知られているどの生物よりも厚いとされています。これは頭部をぶつけて優位性を競っていたことから発達...
ARK: Survival Evolved

Pachyrhinosaurus

概要 パキリノサウルスは全長8mほどの草食恐竜で、鼻の位置に角のような突起はあるものの角を持っていないといった特徴があります。また頭部が非常に大きく分厚いため、これを活かして大型の肉食恐竜から身を守っていたのではないかとされています。 ...
ARK: Survival Evolved

Achatina

概要 アカティナはアフリカなどに生息する中型~大型のカタツムリ(マイマイ)です。熱帯など快適な環境が整っている地域では30~40cm程にもなり、また植物に影響を与える病原菌を持っていることから害虫として認定している国もあります。 ゲ...
ARK: Survival Evolved

Morellatops

概要 モレラトプスはラクダをモチーフにしたオリジナル生物です。トリケラトプスの居ないScorched Earthにおいて果物や一部の植物から採れる木材を採取する役割を担う重要な存在で、またラクダのように体内に水を溜める能力を持っているため...
ARK: Survival Evolved

Chalicotherium

概要 カリコテリウムは全長3m、体高2.5m程の草食動物です。馬とナマケモノを足したような容姿をしており、長い爪を使って植物を採って食べていたと考えられており、また爪を傷付けないよう手の甲を地面に着けて歩くナックルウォーキングで移動してい...
ARK: Survival Evolved

Lymantria

概要 リマントリアは現在も生息するマイマイガをデフォルメした生物です。マイマイガは10年周期で大量発生する性質があり、森林などに深刻な被害をもたらすことで有名で、日本国内でも東北地方から関西地方にかけて大量発生することがあります。また北ア...
ARK: Survival Evolved

Jerboa

概要 ジェルボアは現在も生息するトビネズミをデフォルメした生物です。トビネズミは全長30cmほどで通常のネズミとは違いカンガルーのような形をしており、時速30~40kmという速度で走り、最大3mまで跳躍できる非常に優れた身体能力を持ってい...
ARK: Survival Evolved

Dodo

概要 ドードーはモーリシャスドードーと呼ばれる全長1mほどの鳥類です。1507年に発見されたマスカリン諸島で1598年に生息が確認されたものの、飛べない上に警戒心が薄いため、当時の船乗り達は食物として乱獲していました。また地上に巣を作って...
ARK: Survival Evolved

Carbonemys

概要 カーボネミスは全長3m程の世界最大級の亀です。炭鉱から見つかったため名前にカーボンが含まれており、非常に大きな甲羅を持っています。生息していた場所にワニ以外の脅威的な生物がほとんど存在していなかったことから、生態系の上位に位置してい...