肉食

ARK: Survival Evolved

Ichthy

概要 イクチオサウルスは日本で魚竜とも呼ばれる全長2mほどの水棲爬虫類です。プレシオサウルスの骨格化石を見つけたメアリー・アニングが12歳の時に全身化石を発見したことでよく知られています。 周囲の僅かな振動を感知できる優れた聴覚を持って...
ARK: Survival Evolved

Dunkleosteus

概要 ダンクルオステウスは全長約10mにもなる板皮類と呼ばれる魚類で、歯を持たず牙のような突起を使って獲物を捕食していたと考えられています。歯を持っていないために咀嚼することができず、丸呑みして要らない部分を吐き出していた痕跡も見つかって...
ARK: Survival Evolved

Angler

概要 アングラーは全長1m程度の魚類です。泳ぎが苦手なため頭上の光る突起を揺らして釣りをするように餌をおびき寄せて捕食していたと考えられています。また捕食した相手が逃げ出さないように歯が口を完全に覆うように生えています。 ゲーム内で...
ARK: Survival Evolved

Yutyrannus

概要 ユウティラヌスは全長9m程の羽毛を持つ恐竜です。羽毛を持つ羽毛恐竜はこれまでにも発見されていますが、最も大きいとされていた羽毛恐竜の40倍の大きさにもなり、また3本の指を持つ、走行に適していない短い足など地上に適応する前の特徴を持っ...
ARK: Survival Evolved

Megalania

概要 メガラニアは全長4.5~8mの史上最大のトカゲです。元々はMegalania Priscaと独立した属であった経緯からメガラニアと呼ばれることがありますが、現在はオオトカゲ属であるVaranusに分類されたため正式な名前ではありませ...
ARK: Survival Evolved

Megatherium

概要 メガテリウムは全長4~8mの草食動物です。ナマケモノの近縁属で、ナマケモノと違い地上で生活していたとされています。 その大きさから地上だけでなく木から葉や枝を採取できたため他の生物と食料の競争があまり発生せず、繁殖や生息域の拡大が...
ARK: Survival Evolved

Hesperornis

概要 ヘスペロルニスは最大1.8mにもなる鳥類です。ペンギンと同じように飛ぶことはできず、足の水掻きや歯を持つくちばしなど、水中での狩りに特化した身体を活用し海中で魚を捕食していたと考えられています。 現代とは違い海中には非常に多くの魚...
ARK: Survival Evolved

Hyaenodon

概要 ヒアエノドン(ハイエノドン)は全長40cm~3mの肉食動物です。40以上の種類が存在しており、特定の地域では影響の大きい捕食者であったとされています。 頭蓋骨の大きさに対して脳はかなり小さいものの頭が良く、捕食の対象となる草食動物...
ARK: Survival Evolved

Liopleurodon

概要 リオプレウロドンは全長6~7mとされる首長竜で、ジュラ紀中~後期の海の頂点捕食者であったとされています。全体の約20%を占める頭蓋骨と顎から非常に強い咬合力を持ち、また鼻が良く視力も優れていたため、サメを上回るほどに獲物を探し出す能...
ARK: Survival Evolved

Daeodon

概要 ダエオドンは全長3m程の雑食動物です。主に茎や腐肉、小型の動物を食べていたとされており、90cmある頭蓋骨の大半を占める顎が役立ったと考えられています。また鼻が少し外向きなため嗅覚が優れており、特に腐肉の位置を特定するのに利用したと...