生物

ARK: Survival Evolved

Hesperornis

概要 ヘスペロルニスは最大1.8mにもなる鳥類です。ペンギンと同じように飛ぶことはできず、足の水掻きや歯を持つくちばしなど、水中での狩りに特化した身体を活用し海中で魚を捕食していたと考えられています。 現代とは違い海中には非常に多くの魚...
ARK: Survival Evolved

Hyaenodon

概要 ヒアエノドン(ハイエノドン)は全長40cm~3mの肉食動物です。40以上の種類が存在しており、特定の地域では影響の大きい捕食者であったとされています。 頭蓋骨の大きさに対して脳はかなり小さいものの頭が良く、捕食の対象となる草食動物...
ARK: Survival Evolved

Triceratops

概要 トリケラトプスは全長9m程の草食恐竜です。3つの角を持っており、そのうちの2つは非常に大きく捕食者から身を守るために使用されたと考えられています。 また頭の上部に比較的小さいものの頑丈なフリルを持っており、攻撃から首を守る、または...
ARK: Survival Evolved

Stegosaurus

概要 ステゴサウルスは全長7~9mの草食恐竜です。頭の小ささから脳が小さく、柔らかい葉が豊富にある環境にいたため歯も発達していませんが、背中に骨質の板があり、また尾にも棘を持っています。 板は防衛に使用したと考えられていましたが強度の問...
ARK: Survival Evolved

Giant Bee

概要 ジャイアントビーはイキオオミツバチと呼ばれる全長18mmのミツバチです。化石は名前にもなっている日本の壱岐島で発見されており、また最大種にも匹敵する大きさを持っています。現生する種の祖先と考えられていますが、空白があるため結論は出て...
ARK: Survival Evolved

Liopleurodon

概要 リオプレウロドンは全長6~7mとされる首長竜で、ジュラ紀中~後期の海の頂点捕食者であったとされています。全体の約20%を占める頭蓋骨と顎から非常に強い咬合力を持ち、また鼻が良く視力も優れていたため、サメを上回るほどに獲物を探し出す能...
ARK: Survival Evolved

Kentrosaurus

概要 ケントロサウルスは全長4~5.5m程の中型草食恐竜です。ステゴサウルスとよく似た形をしており、背中にも同じ骨質の板が並んでいますが、ステゴサウルスよりも棘の数が多く体の中央付近から棘になっています。棘は大きく鋭利で防衛に役立ったとさ...
ARK: Survival Evolved

Daeodon

概要 ダエオドンは全長3m程の雑食動物です。主に茎や腐肉、小型の動物を食べていたとされており、90cmある頭蓋骨の大半を占める顎が役立ったと考えられています。また鼻が少し外向きなため嗅覚が優れており、特に腐肉の位置を特定するのに利用したと...
ARK: Survival Evolved

Procoptodon

概要 プロコプトドンは全長2.5m程のショートフェイスカンガルーとも呼ばれる史上最大級のカンガルーです。通常のカンガルーと同様に草食でしたが、歯や顎が発達していたため負担がかなり抑えられていたとされています。ただプロコプトドンよりも小さい...
ARK: Survival Evolved

Phiomia

概要 フィオミアは象の祖先といわれる全長5m程の草食動物です。子供の象と似た姿をしていますが、鼻はあまり伸びておらず、また上下の顎に付いた牙が特徴的です。上顎の牙は戦闘にのみ使用されたと考えられていますが、下顎の牙は水平に生えているため使...