ARK: Survival Evolved

Dunkleosteus

概要 ダンクルオステウスは全長約10mにもなる板皮類と呼ばれる魚類で、歯を持たず牙のような突起を使って獲物を捕食していたと考えられています。歯を持っていないために咀嚼することができず、丸呑みして要らない部分を吐き出していた痕跡も見つかって...
ARK: Survival Evolved

Angler

概要 アングラーは全長1m程度の魚類です。泳ぎが苦手なため頭上の光る突起を揺らして釣りをするように餌をおびき寄せて捕食していたと考えられています。また捕食した相手が逃げ出さないように歯が口を完全に覆うように生えています。 ゲーム内で...
ARK: Survival Evolved

Liopleurodon

概要 リオプレウロドンは全長6~7mとされる首長竜で、ジュラ紀中~後期の海の頂点捕食者であったとされています。全体の約20%を占める頭蓋骨と顎から非常に強い咬合力を持ち、また鼻が良く視力も優れていたため、サメを上回るほどに獲物を探し出す能...
ARK: Survival Evolved

Leedsichthys

概要 リードシクティスは最大28mにもなると言われ、史上最大の魚とされています。しかし最新の研究では16m前後の可能性が高いとされているため、近年では史上最大の硬骨魚と表現されることが多くなりました。食性に関しては口の奥に数万本の歯がある...
ARK: Survival Evolved

Ammonite

概要 アンモナイトは古生代シルル紀末期から中生代白亜紀末までの約3億5000万年近くの間、地球上に生息していたとされる生物です。その生息期間の長さから1万種以上存在し、大きさも1cm程度のものから2mのものまで様々です。また三葉虫などと同...
ARK: Survival Evolved

Electrophorus

概要 エレクトロフォルスは現在も生息しているデンキウナギをデフォルメした生物です。デンキウナギは全長2m程度で、発電する細胞を持っています。1つあたり0.15Vですが、5000程度の細胞を同時に発電することによりわずか2ミリ秒ではあるもの...
ARK: Survival Evolved

Basilosaurus

概要 バシロサウルスは全長18m程の水棲生物です。名前にサウルスとついているものの爬虫類ではなく、昔のクジラであり後に哺乳類の名前であるゼウグロドンという名前がつけられましたが、命名には選手権があるため現在でもバシロサウルスという名前が使...
ARK: Survival Evolved

Tusoteuthis

概要 トゥソテウティスは白亜紀に生息していたとされる6m~11m(触手を含む)の巨大なイカです。しかし体内のグラディウスと呼ばれる部位の化石の大きさから、現代のダイオウイカに匹敵する程の大きさがあるにもかかわらずあまり知られていません。た...
ARK: Survival Evolved

Cnidaria

概要 ナイデリア(ナイデイリア)はカンブリア紀に生息していたとされるクラゲです。ゲーム内では一般的なクラゲに比べかなり攻撃的で、また行動できなくなる攻撃をするなど直接的なダメージではなく、他の生物の影響を受けやすい間接的な攻撃が目立ちます...
ARK: Survival Evolved

Kairuku

概要 カイルクはKairuku waitakiと呼ばれるペンギンで、体高は1.3mと現生種で最大とされるコウテイペンギン(1.2m)よりも大きかったと考えられています。体形も現代のペンギンとは異なり、捕食に適した細長い形をしていたとされて...