2016-05

ARK: Survival Evolved

Dimorphodon

概要 ディモルフォドンは全長1mほどの小さな翼竜で、体に比べて大きく長細い頭蓋骨と長い尾が特徴的です。多くの翼竜は主に魚を食べていたとされていますが、ディモルフォドンは虫を食べていたとされています。 ゲーム内ではステータスが低いもの...
ARK: Survival Evolved

Dimetrodon

概要 ディメトロドンは全長2~3mの小さな生物で、恐竜が誕生する遥か昔に生息していた哺乳類型爬虫類と(現代では爬虫類型哺乳類とも)呼ばれる哺乳類の祖先です。大きな帆が特徴的で帆には血が流れていたとされており、体温の調整や求愛などに使われて...
ARK: Survival Evolved

Dilophosaur

概要 ディロフォサウルスは体長6m(高さ2m)ほどの中型肉食恐竜です。頭上にある二つ(一対)のとさかが特徴的で、求愛や威嚇につかっていたとされています。主に腐肉や小型の恐竜を食べていたと考えられており、顎の力が弱かったため捕食時は前足につ...
ARK: Survival Evolved

Compsognathus(Compy)

概要 コンプソグナトゥスは体長1mほどの小さな肉食恐竜で、一時期は世界最小の恐竜とされていました。足の構造から足が速く、また視野も広かったため優れた捕食能力を持っていたと考えられています。 ゲーム内ではステータスは弱いものの集団で襲...
ARK: Survival Evolved

パッチ v241~

v214.5 - 3600秒(初期値)放置しているプレイヤーをキックする機能を追加できるように " -EnableIdlePlayerKick " - VAC(不正防止システム)を無効にできるように " -insecure " v214....
ARK: Survival Evolved

Carnotaurus

概要 カルノタウルスは全長9メートルの大型肉食恐竜で目の上にある角が特徴的です。カルノタウルスは頭蓋骨が小さく顎の力が弱かったと考えられており、これを補うために角を使用したのではないかとされています。 ゲーム内では本来より少し小さい見た...
ARK: Survival Evolved

Beelzebufo

概要 ベールゼブフォはマダガスカルに生息していたとされる全長40cmの大型カエルです。強力な顎と鋭い歯を持っていたとされ、虫以外にも小型の動物や恐竜の幼体を食べていたのではないかと考えられています。 ゲーム内では主にセメントの採取に使い...
ARK: Survival Evolved

Argentavis

概要 アルゲンタヴィスは鷲などと同じ猛禽類で、その翼開長は最大で7メートルにもなったとされています。また主に腐肉を食べていたとされ、他の生物に比べ食料の確保が容易であったことなどから寿命が他の鳥類に比べて非常に長かったとされています。 ...
ARK: Survival Evolved

Arthropluera

概要 アースロプレウラ(ゲーム内のplueraは誤表記)はムカデなどと同じ節足動物で、植物を食べていたとされ体長は最大で3メートル近くにもなったといわれています。 ゲーム内でも同様に同じ系統の生物に比べ非常に大きく作られており人間を大幅...
ARK: Survival Evolved

Sabertooth Salmon

概要 セイバートゥースサーモンはOncorhynchus rastrosusといわれる鮭で2つの牙が特徴的です。豊富な食料に加え泳ぐ際の消費量も少なく、体長は最大で2.7mにもなったとされ現代の鮭と比べると非常に大きかったようです。 ゲ...