パッチ v265~

v265.16
– クライアント側の三人称を修正
– 三人称視点がデフォルトで使用できるサーバーは
” ?AllowThirdPersonPlayer=false ”
を使用することで三人称視点を使用不可にできる

v265.14
– 大規模な拠点で切断される問題を修正

v265.1
– レンダラーのクラッシュを修正し、レンダリングスレッドとオプションのパフォーマンスを向上

v265.0
– ティタノボアがテイム可能に
– 新しいサーバーオプション: ?ServerAutoForceRespawnWildDinosInterval=SECONDS
これを使用するとサーバーの再起動時に強制的に野生の生物をリスポーンできる。公式サーバーでは有効になっており、特定の生物が多く/少なくなりすぎる問題を解決できる。
– 新しいサーバーオプション: MaxAlliancesPerTribe=# / MaxTribesPerAlliance=#
これを使用することでトライブと同盟の大きさを制限することができる。デフォルトでトライブは70人、同盟は10に設定されている
– プラットフォームサドルはトライブあたり40個に制限されるように
– ラグナロクの1/4をアップデート
– レンダリング中に卵が建築物をすり抜けないようになった
– 子供のオヴィが建築物をすり抜けなくなった
– プレイヤーは剣を用いて線を切断できるように。これによりグラップリングフックで捕まった際に脱出できるようになった
– タレットに生物をターゲットする前にプレイヤーを狙うPlayers Onlyモードが追加された
– 作物はインベントリを開かずにEを押すことで受精させる(種を植える?)ことができるように
– 孵化と妊娠のゲージにタイマーとパーセント表記が追加された
– 建築物が上限に達した際に正しくプレイヤーに警告が表示されるように
– 収納はプレイヤーが開いていない状態でも一杯かを示すように
– Pulminoscorpiusのスペルを修正
– ポンプアクションショットガンのペレットが10から12に(全弾ヒット時のダメージ20%増加)、初期スプレッドが10から7.5に、最大レンジでの広がりが100から75に
– ショッキングトランクダートが人間を昏睡させるまでの時間が2秒から5秒に
– マップの下を利用できる3つの不正を修正
– PvEでタイマーが切れて消滅したものがトライブログに記述されるように

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする