パッチ v255~

v255.7
– 生物を消滅させる可能性があった潜在的な問題を修正
– トライブに所属している生物が飢え死にした時ログに表示されるようになった

v255.62
– 増殖が可能と思われる部分を修正
– 爆発物によるサーバークラッシュを修正

v255.5
– タレットの照準に関する不具合を修正
– 植物タレットにデバフが付与される問題を修正

v255.4
– 腐敗時間の不正を修正

v255.3
– タスクグラフとRHIコードを最適化し、クライアントのパフォーマンス5~8%/サーバーのパフォーマンスが5%向上した。
– The Centerにある戦利品を獲得するためのジャンピングパズルを無効に

v255.2
– アンモナイトの血は現在釣りの餌として使用できなくなった
– 野生のThylacoleoが正しく木に掴まるように
– テイムしたThylacoleoがPvEでも生物に飛び掛かって掴めるようになった
– 公式のみ品質の高いアイテムをより良く反映するため、ナーフされていたアイテムのステータスを向上させた(?)
– 毎月スポンサーされたMODを一覧表示してダウンロードできるメニューを追加
– Linux/SteamOS/MacのOpenGLに関連するクラッシュを修正

v255.1
– 有精卵のツールチップが見えている不具合を修正
– MaxPersonalTamedDinosの値がアンクライムされた生物がロードされた時に減少しない不具合を修正

v255.0
– 生物の追加: Electrophorus
– 生物の追加: Microraptor
– 生物の追加: Ammonite
– 生物の追加: Thylacoleo
– 建築物の追加: Tek Frocefield
– 建築物の追加: Tek Tileset & Tek Doors
– 髪と髭のスタイルを追加
– 30の新しいエクスプローラーノート
– ロケットランチャーとC4をリバランス。C4は建築物に対してロケットランチャーより70%多くダメージを与えるようになり、ロケットランチャーは20%ダメージが増加したがアイテムスタッツ(品質?)がなくなった。ロケットタレットは操縦者に発射時わずかなダメージを与えるようになり、HPが5%以下だと発射できなくなった。
– C4(が付いているもの?)を掴んだ飛行生物は移動速度が遅くなる。
– 公式サーバー上で過去にのみ取得できた高品質な釣り竿のブループリントは無効に(?)
– Tribeごとに生物の所持数制限を設けた。1Tribeあたり500体に設定されており公式PvEサーバーでは有効になっている。この設定を利用するには” ?MaxPersonalTamedDinos=数字
“を使用するといい
– 取得可能になった生物を自動的に消去する設定を追加し、公式PvEで有効に。” AutoDestroyDecayedDinos=true “を使用することでこの設定を利用できる
– さまざまなネットワークを最適化。描写関係の最適化は後のマイナーバージョンで提供される

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする