「 海 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

Plesiosaur

概要 プレシオサウルスは全長3.5m程の首長竜で、抵抗の少ない身体と四肢の間接が様々な方向に動くことから機動性が高く、水中を自在に泳いでい...

NO IMAGE

Mosasaurus

概要 モササウルスは最大18mにもなる大型の海棲爬虫類です。先端が細いため抵抗が少なく、大きい尾とヒレ状の四肢を使うことで速く自在に泳いで...

NO IMAGE

Megalodon

概要 メガロドンは全長15~17m、大きいもので20mと言われる大型のサメで、過去には40m程の個体も想定されていましたが、現在では否定さ...

NO IMAGE

Ichthy

概要 イクチオサウルスは日本で魚竜とも呼ばれる全長2mほどの水棲爬虫類です。プレシオサウルスの骨格化石を見つけたメアリー・アニングが12歳...

NO IMAGE

Eurypterid

概要 ウミサソリは全長10cm~2.5mにもなるカブトガニの一種です。最も大きい個体は2.7mにもなり史上最大の節足動物とも言われています...

NO IMAGE

Dunkleosteus

概要 ダンクルオステウスは全長約10mにもなる板皮類と呼ばれる魚類で、歯を持たず牙のような突起を使って獲物を捕食していたと考えられています...

NO IMAGE

Angler

概要 アングラーは全長1m程度の魚類です。泳ぎが苦手なため頭上の光る突起を揺らして釣りをするように餌をおびき寄せて捕食していたと考えられて...

NO IMAGE

Liopleurodon

概要 リオプレウロドンは全長6~7mとされる首長竜で、ジュラ紀中~後期の海の頂点捕食者であったとされています。全体の約20%を占める頭蓋骨...

NO IMAGE

Leedsichthys

概要 リードシクティスは最大28mにもなると言われ、史上最大の魚とされています。しかし最新の研究では16m前後の可能性が高いとされているた...

NO IMAGE

Ammonite

概要 アンモナイトは古生代シルル紀末期から中生代白亜紀末までの約3億5000万年近くの間、地球上に生息していたとされる生物です。その生息期...

スポンサーリンク