Scorched Earthガイド4

スポンサーリンク

燻製機の設置

肉食が居ない状態での肉集めは時間がかかり、また腐る時間も通常のモードに比べて短いので、最初のダイアウルフをテイムする際に、あらかじめ腐るまでの時間が10倍になる燻製機を設置し肉を集めて保管しておきましょう。肉はモレラトプスのノックバックを利用して敵を倒してからつるはしで採取しましょう。

アンキロ

燻製機の燃料として使うスパークパウダーの素材である火打石を多く採取する能力を持っています。テイムの優先度はそれほど高くありませんが、燻製機はキブルに使う卵も保管しておくので、サドルを作製できるようになったタイミングでテイムしておきましょう。

ダイアウルフ

サドル無しで騎乗できて、肉や皮の採取、近くにあるメタルの運搬など多くの役割を持つ優秀な存在です。またリマントリアをテイムした後にテイムするアルゲンタヴィスは、肉を多く集められる肉食生物が居ないとしんどいので、REXのサドルが解放されるまではダイアウルフなどの肉食を使いましょう。

テイム自体は肉とNarcoberryをあらかじめ集めておけば難しくありません。Bolaを使えば動きを止められるので、動きを止めている間に麻酔矢を撃って眠らせましょう。一匹目をテイムした後はある程度レベルの高い個体をテイムするか、セイバートゥースをテイムして肉食をテイムしやすい環境を整えておきましょう。

リマントリア

近くに山がある場合はそれほど重要ではありませんが、山が遠い位置に拠点を構えている状態でアルゲンタヴィスをテイムする為に必要になります。サドルはレベル40台にならないと取得できず時間もかかりますが、ベリーでテイムすることができるのでサドルのエングラムを取得したらテイムしておきましょう。

スタミナが少ないので、運用する時は余裕をもって岩の上に着陸できるようにしておきましょう。アルゲンを拠点付近まで連れてきてからテイムしたい場合は、スタミナに加えスピードも上げておきましょう。

Scorched Earthガイド5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする