Scorched Earthガイド2

スポンサーリンク

拠点の建て替え

拠点を藁から粘土(Adobe)に変更していきます。粘土にすることで敵の攻撃から身を守ることができるので、オフライン中に殺されることが無くなります。倍率が低い場合は土台と1段目の壁だけを優先的に替えておけばやられることはほぼありません。

また木や石で造らない理由は、建材によって室内の温度が大幅に変化する仕様になっており、藁と粘土以外の建材では夜以外ほぼ高温状態になってしまうためです。そのため、粘土を作る材料になるSandを採取したときに余ったStoneは囲いや外壁に利用すると良いでしょう。

Crayの作り方

Engramを取った状態ですり鉢(Mortar and Pestle)にSandとCactus Sapを入れることで作製できるようになります。Sandは岩から採取でき、Cactus Sapは木やサボテンから採取できます。Cactus Sapは腐るまでの時間が非常に短いので、Sandをある程度採取してからCactus Sapを採取するようにしましょう。

※どちらも斧で多く採取

恐竜用の囲い

粘土を作製する際に余った石を使用して、最低でもMorellatopsを2~3匹とドエディクルスを収納できる大きさの囲いを作りましょう。公式サーバーでは石が足りなくなるので、壁を一段作った後はガイド3のドエディクルスをテイムしてから行っても良いと思いますが、ラプトルは一段だけだと越えることがあるので、リスクを避けたい場合は人力で2段目まで作製しておきましょう。

追記: ワイバーンに襲撃されて3体ロストしたので、土台や柱を使ってケージを造り、天井を設置するようにしましょう。

※ゲートについて

MorellatopsはBehemothでないDinosaur Gatewayをドアを付けた状態では通ることができないので、Behemothが解放できるようになるまでは、使用時に壁を壊すか扉だけ壊すなどして対応しましょう。またAnkyloはAdobe Dinosaur Gateを通れないので、Stone Dinosaur Gatewayを利用しましょう。

Scorched Earthガイド3

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする