Scorched Earthについて

スポンサーリンク

DLCについて

新しいDLCである”Scorched Earth”が、9月2日の日本時間2時(EST13時)にTwitchで行われた公式放送で発表されました。またTwitchでトレーラーが放送されるのと同時に発売が開始されています。

舞台は非常に温度の高い乾燥した土地で、新しいアイテムや生物が追加されているのが確認できます。恐竜の骨が配置されていることから、レックスなどが絶滅した後の世界と考えられます。

※トレーラーはこちら (SteamのDLCページでも視聴可)

内容

トレーラーや開発陣によるプレイ映像から確認できた内容を簡単にまとめ

※プレイ映像はこちら

トレーラー
・既存の生物と名前が明かされていなかった未実装のものを含む複数の新しい生物が出現
・小型のドラゴンや羽の生えた飛行生物、地面の下から大きなムカデやゴーレムが出現(ドラゴンやゴーレムに騎乗している映像があるので仲間にできるかも)
・多数の新しい建材でできた建築物
・溶岩や洞窟が存在
・引火する液体の入った玉やブーメランといった新しい武器
プレイ映像
・スポーン地点には難易度が記述されている
※Easyの場所であっても攻撃的な生物が多数生息している
・太陽が昇っている間は温度が非常に高く夜は温度が低いため難易度は高め
・川のような水の多い場所が少なく水たまりや沼地、オベリスク周辺にのみ水場が存在する
・序盤は既存のアイテムを使用するが、新規のアイテムが非常に多く高レベルではチェーンソーや風力発電機を作製できる
・小さなキツネのような生物の名前はJerboa 果物でテイムでき肩に乗せられる
・翼のあるドラゴンのような生物はWyvernでテイムできる
・砂漠が存在しDung Beetleやサソリ、攻撃的な小型の鳥類が生息している
・山の地面下からゴーレムが出現する

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする