農業ガイド

スポンサーリンク

作物は農地に種を入れて水を供給し、インベントリに肥料を入れることで成長し始めます。ゲーム内で10日程度(7~8時間?)で収穫可能になり、その後は一定時間ごとに実が生り約15時間程度で上限数に達します。また、Greenhouse(温室)内で農業をすることで通常よりも短い時間で作物を育てることができます。

農地

農地はこちらにも記述した通り、大きさごとに植えられる種類が決められています。貯水量に違いはあるものの、作物の上限数は変化しないので一番小さいものを選ぶと良いでしょう。

肥料

肥料の消費量は作物の状態によって異なります。種を植える段階であれば有機肥料を使い、出来た作物を保存しておきたい場合は糞を使うと良いでしょう。作り方等はこちら

水の供給

水を供給する方法は3通りです。

:水の供給を雨のみで行う方法です。室外で育てる場合にしかこの方法は使えませんが、現時点ではある程度雨が降る間隔は決まっているので、水が無くなる前に供給されます。Smallでも安定して供給されるようですが、雨のみで行うのであれば失敗するリスクを減らすためにできるだけ大きい農地を使いましょう。

水筒:水筒を入れてRemote Useすることで水を供給する方法です。種類によって供給する量は変わりますが、ローカルなどの起動時間が限られている場合はこの方法を利用すると良いでしょう。

パイプ:パイプを使い海や川、貯水タンクから水を引いて供給する方法です。室内や複数の農地を管理したい時はこの方法で水を供給しましょう。海や川から水を引くには給水口(Intake)を水中に設置し、供給したい場所のパイプ先端に供給口(Tap)をつけます。

貯水タンクから水を引きたい場合は土台や板の上にパイプを設置し、上にタンクを設置します。あとはパイプを引き供給口を付ければ供給できますが、タンク内の水を消費するので、農地の数に合わせてタンクを増やすなどしましょう。

Greenhouse

Greenhouseで建築した建物の中で農業をすると、特殊なバフを得ることができます。バフは作物の成長速度を向上させ、肥料の消費量も減少します。最大で300%の効果を得られますがGreenhouseは耐久値が非常に低いので、攻撃されない場所に建てるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする