MODの簡単な説明+導入(Local)と削除

スポンサーリンク

※導入されているMODはサーバーに依存するため、非公式サーバーの場合に個人がMODを導入、削除することは不可能

MODの種類

種類は大きく分けて3つあります。
1.MAP
初期状態の開発側が作成したマップから有志が作成したMAPに変更できます。初期のMAPに飽きて違った環境でプレイしたい、他の洞窟に行きたい、また浮いてる島に家を建てたいなど自分のプレイしたい状況に合わせて変えてみるのも良いでしょう。

ただ小規模な人数で作られているものがほとんどなので、資源が少ない、または資源の場所が悪い、他にも恐竜の沸きバランスが悪い場合があるなど懸念点がいくつかあるので、しっかりとMAPを把握して全体のバランスが取れていることを確認してから本格的に活動することをオススメします。

注意: MAPを変更すると恐竜などはロストするので気を付けましょう。ローカルではMAPごとにデータは分かれていますが、非公式サーバーの場合は恐竜をオベリスクに移すなどなんらかの対処をしましょう。

2.追加
特定の状況でのみ出現するボスや、本来は存在しない恐竜のα種といった生物や、強力なテイム道具、また建築物など様々なアイテムを追加できます。

特にアイテムの追加による効果は大きく、テイムの難易度を若干緩和したり、オブジェクトなどに干渉して置けない場所に建築物を建てられたりと快適な環境を容易に作り出せます。

3.変更
Prime Meatを1スタックに10個持てるようにするなど、1スタックあたりの数を変更したり、アイテムの重さを変更することが可能です。他にもレベルやステータスの上限を大幅に引き上げるものなどがあります。

重さ変更などは非常に便利ですが、ゲームバランスが悪くなるので注意しましょう。また、ステータス関連の変更もプレイヤー自身を強化する場合にはバランスが悪くなります。逆に野生の恐竜を強化する場合は難易度が跳ね上がるので、どちらを強化するにしても基本的にはある程度ゲームに慣れてから入れるのがオススメです。

導入

前提として、MODは有志によって作成されているので、不具合が発生する可能性があります。
不具合に関してはSteamのMODページの下にコメント欄があり、そこで確認・報告ができるので活用しましょう。

また、導入する際の簡単な目安として、このうち1つでも当てはまっているものは不具合が発生する可能性が高いので注意しましょう。
・評価が低い
・登録者数が少ない
・更新の回数が少ない、最終更新日から期間が空いてる

導入方法

Steam左上のコミュニティ→ワークショップ
検索欄に”ARK”と入れて”ARK: Survival Evolved”を選択
MODの一覧が出てくるのでそこから導入したいものを選択しサブスクライブをクリック
サブスクライブすると自動でダウンロードが開始します。

ARKを起動するとサブスクライブしたMODが自動でインストールされます。
インストール中は右下に表示され、表示が消えるとインストール完了です。

Local(Single)の場合は入れたいMODを選択して≫をクリックすると導入できます。
他人のサーバーでプレイする場合は導入されているMODが自動でサブスクライブされ、自動でダウンロードされます。数が多かったり、容量が大きいものはダウンロード中の表示が止まることもありますが、ダウンロードはされています。サーバー一覧の更新をかけてサーバーに入り直すなどすれば、表示はダウンロードが完了していると消え、継続している場合は更新されます。

削除

前提として最初に記述してある通り、非公式でプレイしている場合にそのサーバーに導入されているMODを個人が削除することはできません。

削除方法
まずはサーバー側からMODを外します。

次にSteamのワークショップページから”あなたのファイル”をクリック
“サブスクライブ中のアイテム”をクリック
導入中のMODが出てくるので、削除したいMODの右にある”サブスクリプションの解除”をクリックすればMODはダウンロードされなくなります。
あとはパソコン内のARKフォルダから解除したMODのファイルを削除すれば完全に削除することができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする